蝶蜻蛉蒔絵螺鈿料紙箱及硯箱 ちょうとんぼまきえらでんりょうしばこおよびすずりばこ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代/18世紀
料紙箱:高12.7 縦40.0 横30.8 硯箱:高4.4 縦25.5 横16.7
一具
文化庁分室 東京都台東区上野公園13-9
国 (文化庁)

表面を桜皮張りとして蒔絵・螺鈿により、蝶や蜻蛉が飛翔する様を表している。写生的な作風を示しており、かつその技法は繊細精緻にして、江戸工芸の技巧の極致をよく示している。

関連リンク

蝶蜻蛉蒔絵螺鈿料紙箱及硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舞楽螺鈿蒔絵硯箱
柏木菟蒔絵料紙箱及春日野蒔絵硯箱〈小川破笠作/〉
金胎蒔絵漆箱 「飛翔」
秋草桐紋蒔絵棚
尾花に葛蒔絵硯箱
ページトップへ