瓢兮歌 ひょうやのうた

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画  日本画   / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

藤田東湖 (1806-55年)
ふじたとうこ
弘化元年~3年/1844~46
紙本墨書 掛幅装
竪178.5cm 横95.5cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

この作品は酒好きの東湖の幽囚中(弘化元年~3年)の作で、斉昭筆の瓢箪図に詩作したもの。藤田東湖は江戸時代後期から幕末期の水戸藩士、学者。水戸藩主徳川斉昭の腹心として藩政改革を推進、「弘道館記」の草案も起草した。直正公は25才の天保9年(1838)2月5日斉昭卿より江戸の水戸藩邸(小石川)に招かれたが、陪席の藤田は深く公に欽慕したという。10月2日の安政大地震の時、小石川藩邸内で圧死。

作品所在地の地図

関連リンク

瓢兮歌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

送永山徳夫之奥羽
弘道館之図
鍋島直正公御実歴一百図
神野御茶屋御家作一件扣
三行書
三行書

鍋島直正

ページトップへ