紀伊大谷古墳出土品 きいおおたにこふんしゅつどひん

考古資料 / 古墳 / 近畿 

和歌山県
古墳
一括
和歌山市湊本町3-2
重文指定年月日:19820605
国宝指定年月日:
登録年月日:
国(文化庁)
国宝・重要文化財(美術品)

大谷古墳は、紀ノ川流域の右岸、和泉山脈の南麓に立地する前方後円墳で、本件は内部主体の組合式石棺【くみあわせしきせつかん】の内外から出土した副葬品の一括である。遺品は、装身具類、武器類、馬具類などに大別できるが、特に大陸的要素をもつ精緻な馬装具が注目される。多数の鉄小札を綴合わせた馬甲、馬頭を覆う上端に立飾りをつけた馬冑は、わが国古墳出土の遺品として特異なもので、大陸的色彩の強いものである。わが国の騎馬文化の実態をみるうえに欠くことができない。

作品所在地の地図

関連リンク

紀伊大谷古墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

群馬県綿貫観音山古墳出土品
近江新開古墳出土品
肥後向野田古墳出土品
対馬シゲノダン遺跡出土品
肥後江田船山古墳出土品
ページトップへ