甲州市塩山下小田原上条 こうしゅうしえんざんしもおだわらかみじょう

その他の画像全2枚中2枚表示

農・山村集落 / 中部 

山梨県
15.1
山梨県甲州市
選定年月日:20150708
重要伝統的建造物群保存地区

甲州市塩山下小田原上条は、江戸時代には畑作を中心に営み,明治時代中期以降,政府の振興策や技術の進展に呼応して養蚕に転じた。屋根裏で養蚕を行うために主屋の屋根前面の中央部を切り上げた突上げ屋根が設けられるようになり,昭和以降には棟に越屋根を上げた切妻造桟瓦葺の主屋も建てられ,地域独特の特徴的な集落の景観が形づくられた。江戸時代中期から昭和にかけて建てられた地域独特の形式をもつ民家が周囲の環境と一体となって、伝統的な集落の形態を良くとどめる伝統的建造物群保存地区。

作品所在地の地図

関連リンク

甲州市塩山下小田原上条チェックした作品をもとに関連する作品を探す

養父市大屋町大杉
福山市鞆町
うきは市新川田篭
白馬村青鬼
牟岐町出羽島
ページトップへ