竺仙梵僊墨蹟 偈  じくせんぼんせんぼくせき げ

 / 南北朝 / 日本 

竺仙梵僊 (1292〜1348)
じくせんぼんせん
日本
南北朝時代/1339
紙本墨書
縦31.7㎝ 横42.6㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-128
根津美術館
重要美術品

竺仙梵僊は古林清茂会下の友社の中心人物で、多分大友貞宗かと思われるが、わが国の誰かからの招請に応じて来日した。嘉暦4年(1329)38歳の時である。鎌倉や京の諸大寺の主となって、北条高時、足利尊氏・忠義をはじめ、上下の尊崇をうけた。およそ二十年にわたって、金剛幢(古林清茂の別称)下の高雅勁直な宗風を直伝し、わが国の禅林に元朝直系の新風を吹き込んだ。貞和4年(1348)57歳で示寂。
その書風はまさに黄山谷流で、多くの威風堂々たる大墨跡が遺存する。本幅はそれらに比して、内容的にはさして重いものではない。暦応2年(1339)の新春に際して、道友に贈った賀偈であるが、師の文藻の深さを知る好作例である。

作品所在地の地図

関連リンク

 竺仙梵僊墨蹟 偈 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古林清茂墨蹟 「与月林道皎偈」
古林清茂墨蹟〈与無夢一清偈/泰定四年至節後三日〉
明極楚俊墨蹟 偈
石室善玖墨蹟 寒山詩 
偈頌
偈頌

石室善玖筆

ページトップへ