修羅/梃子棒/大阪府三ツ塚古墳出土 しゅら/てこぼう/おおさかふみつづかこふんしゅつど

考古資料 / 古墳 / 近畿 

大阪府
古墳
2点/1点
南河内郡河南町大字東山299
重文指定年月日:20060609
国宝指定年月日:
登録年月日:
大阪府
国宝・重要文化財(美術品)

 本件は、大阪府藤井寺市三ツ塚古墳の周濠底から出土した大小二点の修羅と梃子棒である。
 修羅とは、大石や木材等を運ぶ橇であり、本件の修羅は二点ともV字形の二股橇状を呈する。梃子棒は修羅を引く際に用いたと推測される。
 修羅(大)は全長8.8メートルという大型品である。アカガシの巨木の二股部分を利用して一木で造り出し、全体を丁寧に加工している。頭部と脚部には孔があけられており、修羅を引く綱を通したと考えられる。修羅(小)はクヌギの二股部分を利用し、小型で加工も粗い。梃子棒はアカガシ製の丸木の棒である。

作品所在地の地図

関連リンク

修羅/梃子棒/大阪府三ツ塚古墳出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

埴輪水鳥/大阪府城山古墳出土
家形埴輪/壺形埴輪/大阪府八尾市美園町美園古墳出土
大阪府安満宮山古墳出土品
大阪府野中古墳出土品
大阪府陶邑窯跡群出土品
ページトップへ