北佐渡(海府・両津湾・加茂湖)の漁撈用具 きたさど(かいふ・りょうつわん・かもこ)のぎょろうようぐ

その他の画像全5枚中5枚表示

有形民俗文化財 / 中部 

新潟県
2,162点
佐渡市秋津1596番地
指定年月日:19840522
管理団体名:
備考:内訳:磯ねぎ80点 釣漁具967点 網漁具87点 陥穽漁具21点 淡水漁具40点 揚浜製塩62点 製造加工131点 漁船15隻 船関係78点 船大工58点 漁具…
佐渡市
重要有形民俗文化財

 佐渡の北部西海岸と東海岸地方を外海府・内海府という。この地域は、岩礁地帯で、磯ねぎ(見突き漁)や海藻などの磯採取が盛んである。また、両津湾には所々に砂浜があり、タラの延え縄、イカ釣、ブリの大謀網などの沿岸漁業や揚浜製塩が行われてきた。また、加茂湖では、柴漬漁やエビをとる刺し網などが行われている。
 この収集は、これら磯ねぎ・釣漁・網漁などの各種の漁撈法の用具を巨細にとりまとめたものである。
 例えば、このうち船だけをみても、丸木の刳り舟の伝統をひく磯ねぎ用のコブネをはじめ、同じく磯ねぎで使用されるハンギリ(たらい舟)、磯漁に使用されるテンマ・テンゲ、沿岸漁撈で用いられるカンコ・リョウブネ、ブリの定置網用のサンパという大型船、波の穏やかな加茂湖で用いるハコブネなど、各種の船15隻が収集・整理されている。
 また、佐渡を中心に発達したツノ・ヤマデ・ソクなどのイカ釣漁具や、明治末年に廃絶したこの地方の揚浜製塩用具なども地域的特色をよく示すものである。

作品所在地の地図

関連リンク

北佐渡(海府・両津湾・加茂湖)の漁撈用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

八戸及び周辺地域の漁撈用具と浜小屋
丹後半島の漁撈用具
沼津内浦・静浦及び周辺地域の漁撈用具
庄内浜及び飛島の漁撈用具
庄内浜及び飛島の漁撈用具コレクション
ページトップへ