永承三年高野御参詣記 えいしょうさんねんこうやごさんけいき

その他の画像全3枚中3枚表示

江戸 / 和歌山県 

伴信友 (1773~1846)
ばんのぶとも
文化11年/1814
1冊
和歌山市湊本町3‐2
和歌山市立博物館

永承3年(1048)藤原頼通の高野山参詣記。頼通は摂政・関白を歴任した当時の最高権力者。頼通は高野山参詣後に和歌の浦・吹上浜へ訪れた。この参詣記が「和歌浦」の初見と言われている。この資料は、文化11年(1814)8月に国学者の伴信友が東寺観智院の秘蔵する資料を筆写したものである。

作品所在地の地図

関連リンク

永承三年高野御参詣記チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高野山参詣案内ポスター
東寺観智院伝来文書典籍類
丹生都比売神社境内
高野枡〈応永三年八月  日/高野山沙汰人連署刻銘〉
高野参詣道<BR/> 町石道<BR/> 三谷坂<BR/> 京大坂道不動坂<BR/> 黒河道<BR/> 女人道
ページトップへ