南須釜の念仏踊 みなみすがまのねんぶつおどり

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 東北 

選択年月日:19781208
保護団体名:須釜民芸保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 念仏や和讃を唱え、鉦や太鼓を打ちながら踊る念仏踊はいろいろと変化し、ここでは念仏に合わせて少女達が振り美しく踊る特色を有する。
 四月八日は南須釜の東福寺境内で、八月十四日、十五日は東福寺の境内と新盆の家々の庭先で踊る。その歌詞はいずれも長文の口説【くどき】で、演目は「小夜の中山」「ねずみ」「小鍛治」「ドタラ」「サンチョイ」「おみよ」「松川」「さいほい(一)」「さいほい(二)」「下妻」の十種からなっている。これらの歌の一句ごとに「ナムアミダー ハーヨーブッサー ナムアミダーサー」の囃子ことばが入り、また一つの踊りの終りに「回向成仏 南無阿弥陀仏」と唱える。
 また、踊りは十四・十五才の少女が二十人ほどで踊り、「立ち踊り」と綾竹を持って立て膝で踊る「座り踊り」とがある。踊りによって扇子二本、または小豆を入れた綾竹二本を持つ。囃子は鉦叩き一人、笛一人、歌六人で、歌は年輩の婦人達によって歌われる。踊りの振りは各演目で違っている。
 念仏踊の一つとして地方的特色が顕著なものである。

関連リンク

南須釜の念仏踊チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上羽太の天道念仏踊
下伊那のかけ踊
新野の盆踊
新野の盆踊
鳳来町のほうか
ページトップへ