閏戸の式三番 うるいどのしきさんばそう

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:19720805
保護団体名:上閏戸式三番保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、埼玉県南埼玉郡蓮田町上閏戸【うるいど】の愛宕神社の秋祭のおり(十月十四日)に行なわれるもので、翁芸の一典型を示すものとして芸能史的に貴重なものである。式三番のうち特に三番叟の舞には古風の舞の手を遺している点など地方的にも特色がある。
 三番叟は、まず素面の舞があり、次に黒尉面をかけて千歳と問答をかわし、その後に鈴の段を舞う。
 この舞の技法に、からすとび、さぎあし、叶書、たねまきなどという舞の手振りがあり、また、その囃子方に太鼓・小鼓・笛とならんで足ツケ打ちがつくなど、これらの点から歌舞伎芝居の影響なども看取されて、翁芸の変遷の過程を知るうえに貴重な資料ともなっている。

関連リンク

閏戸の式三番チェックした作品をもとに関連する作品を探す

下長磯の式三番
古実式三番
水海の田楽能舞
加茂の三番叟と花踊
青垣の翁三番叟
ページトップへ