那智の田楽 なちのでんがく

その他の画像全7枚中7枚表示

無形民俗文化財 / 近畿 

選択年月日:19700608
保護団体名:那智田楽保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

東牟婁郡那智勝浦町の那智神社の祭(七月十四日)に行われるもので、祭は扇祭(扇会式)あるいは火祭などとも呼ばれる。伝承では応永年間、京都の田楽法師が伝えたものといわれる。芸能次第としては、「大和舞」「田楽舞」「田植舞」、次いで扇御輿の渡御、大松明行事、御滝本祭とあって、続いて「田刈舞」が演じられ、やがて還御祭となっておおよその行事次第を終わる。このうち田楽舞は、シテテン、ビンザサラ、太鼓、笛の四役十一人によって行われ、乱声【らんじよう】、鋸歯【のこぎりば】、八拍子など二十余曲の古風な演技法が伝えられている。

関連リンク

那智の田楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

那智の田楽
那智の田楽
田峰の田楽
黒沢田楽
鳳来寺田楽
ページトップへ