鍛金 たんきん

その他の画像全3枚中3枚表示

金工 

指定年月日:19950531
重要無形文化財

わが国の伝統的な金工技術には、金属の展延性を利用する打物【うちもの】、鎚起【ついき】等と称する鍛金技法がある。その技法は、金属を鉄床【かなとこ】等の上に置いて、金鎚、木槌で打ちながら器物を成形するもので、その作業は、地金に亀裂を生じさせないように随時熱処理を加え、金属の展延性、柔軟性、弾力性を回復させながら行われる。この技法は、古くから仏具、武具、茶器等の制作に利用されてきた。

関連リンク

鍛金チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀打込象嵌花器 若芽
鋳金
彫金
沈金
芭蕉布
ページトップへ