ヨコグラノキ北限地帯 よこぐらのきほくげんちたい

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 東北 

宮城県
白石市小原
指定年月日:19421014
管理団体名:白石市(昭17・12・23)
史跡名勝天然記念物

宮城縣刈田郡渡瀬村ノ發電所ニ通ズル隧道附近ノ崖地ニ数本アリ最大ノモノハ根元周圍六〇センチメートル、樹高約五メートル、尚渡瀬小原両村界ニアル材木岩ノ対岩絶壁ニモ数本アリ 從来知ラレタルよこぐらのきノ分布ノ北限ナリ
S50-12-068ヨコグラノキ北限地帯.txt: ヨコグラノキは、クロウメモドキ科の一属一種の植物で、高知県の横倉山で発見され、西日本を中心に稀に自生しているが、白石市のこの地域はその北限地帯にあたり、昭和17年10月14日に指定されている。
 最近隣接して良好な自生地が発見されたのでこれを追加指定し、自生していない指定地域の指定を解除するものである。

作品所在地の地図

関連リンク

ヨコグラノキ北限地帯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

高串アコウ自生北限地帯
小原の材木岩
小郡町ナギ自生北限地帯
ツバキ自生北限地帯
ヘゴ自生北限地帯
ページトップへ