賀茂葵競馬図屏風 かもあおいくらべうまずびょうぶ

その他の画像全8枚中8枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

江戸時代
絹本着色 六曲屏風装
1双
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

賀茂別雷神社(上賀茂神社)の神事である競馬会神事を描いた一双屏風。左隻から右隻にかけ画面下半に長々と設けられた埒(柵)の中を、舞楽装束を身に付けた乗尻とよばれる騎手が疾駆する。競馬は左右に分かれた二頭により十番行われるが、本図の埒内には出走前のものも含め計6組が同時に描かれている。埒外には公家のほか僧侶や庶民も多数参集しており、中には担い棒を担ぐ物売りの男や野点を行う女、茶弁当を広げる一団など、賑々しい祭礼の様子が描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

賀茂葵競馬図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌浦天橋立図屏風
お供馬の衣装・道具
山水図屏風
源氏図屏風(雛屏風)
大浦神社競馬神事
ページトップへ