南天に雀蒔絵印籠 なんてんにすずめまきえいんろう

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

松月
しょうげつ
幕末~明治2年/19世紀
木製 漆塗 蒔絵 
竪9cm 横5.8cm
1点
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

胴張形の印籠で、金沃懸地とし、南天に雀を薄肉高蒔絵であらわす。南天の葉は青金を蒔き暈し、実は朱漆、雀は朱金に銀蒔絵がほどこされる。内部は錫梨子地で底部に「松月」との金蒔絵銘がある。緒締は猩々瑪瑙、根付けは象牙製で太鼓と笛に紅葉散らしを容彫とし、太鼓の胴部に「景利」の短冊銘がある。明治2年(1869)に10代鍋島直正が朝廷より拝領した印籠。

作品所在地の地図

関連リンク

南天に雀蒔絵印籠チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗裏白南天譲葉蒔絵食籠
梨子地琵琶形香合
梨子地吉野山水蒔絵料紙箱
牙彫双鶏置物
菊御紋入菊花蒔絵手箱
ページトップへ