鈴が峯のヤッコソウ発生地 すずがみねのやっこそうはっせいち

天然記念物 / 中国・四国 

徳島県
海部郡海陽町
指定年月日:19791126
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

S53-12-056[[鈴]すず]が[[峯]みね]ヤッコソウ[[発生地]はっせいち].txt: 鈴が峯は標高395メートルの海に面した山で、頂上付近約6700平方メートルは、円通寺観音堂が所有している。この地域は、シイを主体とする常緑広葉樹林でおおわれ、コバンモチ、クロバイ、タイミンタチバナ、ヤブツバキ、リンボクなども生育し、ルリミノキ、イズセンリョウ、センリョウなどの草本類が生育しており、極相植生の残存林である。とくに林床には、シイの根に寄生するヤッコソウの発生が著しいだけではなく、シロシャクジョウ、ホンゴンソウ、ウスギムヨウラン、マツバランなどきわめて珍しい腐生植物が多数生育するなど、きわめて特異な植物分布地として、学術上の価値は高い。

作品所在地の地図

関連リンク

鈴が峯のヤッコソウ発生地チェックした作品をもとに関連する作品を探す

内海のヤッコソウ発生地
堅田郷八幡社のハナガガシ林
青葉山
志布志のカワゴケソウ科植物生育地
菅生神社社叢
ページトップへ