池辺寺跡 ちへんじあと

その他の画像全2枚中2枚表示

社寺跡又は旧境内 / 九州 

熊本県
熊本市池上町
指定年月日:19970911
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

H09-07-046[[池辺寺跡]ちへんじあと].txt: 熊本市の西部にそびえる標高665メートルの金峰山から南東へと延びる支脈は、いくつかの小谷を形成しながら裾野を広げて市街地のある平野部へ達する。平野部との境に近く、平川が東流する小谷の西奥、標高130メートルから140メートルの地点に百塚と称される東向きの斜面地が広がり、そこに池辺寺跡が位置する。
 池辺寺は長く伝承の中で語られてきた。文化年間に書写されたという『池辺寺縁起絵巻』は、続日本紀に記録の残る「味生池」のほとりに、大和の僧真澄が寺を建て池に棲む悪龍の害を鎮めたと伝える。昭和33年になって最初の現地踏査が行われると、平川の谷間に寺跡の存在が予想されるようになり、昭和61年度からは百塚地区での本格的な発掘調査が開始され、平安時代の寺跡の様相が明らかとなった。
 明らかとなった遺構には、中心建物群とその背後の斜面に配された石塔群がある。中心建物群は、斜面下辺部を造成した平坦面の中央に段状に築いた南北約22メートル、東西約18メートルの乱石積み基壇の上に配される。建物群は中央建物とその東・南・北面を取り囲む3棟の建物および東面建物と南面・北面建物を結ぶ回廊からなる。中央建物基壇が最も高く、それより北・南面建物基壇は0.35メートル、東面建物および回廊の基壇は約1メートル低い。中央建物は桁行3間、梁間3間の南北棟礎石建物で、中央の礎石1間四方分を除く基壇上面全体に〓(*1)を敷く。中央基壇西辺に沿う幅0.7メートル、長さ11.4メートルの範囲は、凝灰岩切石で舗装されている。南面建物は桁行5間、梁間1間の東西棟礎石…

作品所在地の地図

関連リンク

池辺寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

弥勒寺官衙遺跡群<BR/> 弥勒寺官衙遺跡<BR/> 弥勒寺跡<BR/> 丸山古窯跡<BR/> 池尻大塚古墳
平川廃寺跡
台渡里官衙遺跡群<BR/>  台渡里官衙遺跡<BR/>  台渡里廃寺跡
難波宮跡<BR/> 附 法円坂遺跡
長岡宮跡
ページトップへ