梨子地鳳凰雲鶴蒔絵中央卓 なしじほうおううんかくまきえちゅうおうじょく

その他の画像全3枚中3枚表示

工芸  漆工 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

古満巨柳 (?-1796)
こまこりゅう
佐賀県
江戸時代
木胎 漆塗 蒔絵
縦35.5cm 横37.0cm 高52.3cm
1基
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

10代鍋島直正の別邸である神野御茶屋に伝来した御道具の一つ。中央卓とは棚物の一種で、床の中央に置いて香炉などを荘る卓。金銀・青金薄肉高蒔絵・金金貝・金付描で、変わり花菱繋文の地紋を作り、天板表中央には桐の大きな円文を、彫板には雲鶴を描いた窓絵を置く。天板縁、脚部、基台側面は梨子地に宝尽し文を散らし、変わり牡丹紋をおく。天板下の側面は金平蒔絵で菱繋文を描く。地板に銘「古満巨柳作(花押)」。古満巨柳は安永・天明期、18世紀後半に活躍した印籠蒔絵師。5代古満休伯の門人となり、師家より古満の姓を許され、後に巨柳斎と号した。

作品所在地の地図

関連リンク

梨子地鳳凰雲鶴蒔絵中央卓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗花枝円文蒔絵五段重
偕楽園御庭塗 堆朱中央卓
梨子地琵琶形香合
桐鳳凰蒔絵脇息
村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
ページトップへ