薩摩国分寺跡 さつまこくぶんじあと

社寺跡又は旧境内 / 九州 

鹿児島県
薩摩川内市国分寺町
指定年月日:19441113
管理団体名:薩摩川内市(昭20・2・19)
史跡名勝天然記念物

S50-12-060[[薩摩国分寺]さつまこくぶんじ]跡.txt: 昭和19年11月13日、遺構の明確であった塔跡のみを「薩摩国分寺塔跡」として指定したが、近時の調査によって金堂跡と推定される遺構をはじめ若干の建物が北方で発見され寺域枢要部が確認されるとともに地形等を勘案すればほぼその寺域が明確となるので、屋瓦を供給した寺跡東方の通称鶴峯瓦窯跡を含め名称を変更し追加指定するものである。

作品所在地の地図

関連リンク

薩摩国分寺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

上総国分寺跡
美濃国分寺跡
信濃国分寺跡
讃岐国分寺跡
安芸国分寺跡
ページトップへ