旧池田氏庭園 きゅういけだしていえん

その他の画像全10枚中10枚表示

名勝 / 東北 

秋田県
大仙市高梨・払田
指定年月日:20040227
管理団体名:大仙市(平16・3・26)
史跡名勝天然記念物

 池田氏庭園は仙北平野のほぼ中央部に位置し、約4haの敷地は東に奥羽山脈、西に神宮寺岳、南西に鳥海山を遠く望む広大な田園地帯に囲まれている。
 池田氏はその始祖を、享保年間(1716-35)、高梨村肝煎孫左衛門にさかのぼると伝えられ、近代においては戦前まで村長を務めるとともに、山形県の本間氏、宮城県の斎藤氏と並んで東北三大地主として知られた。本邸を造営した第13代当主の文太郎は、学校、保健衛生施設及び農村共同施設等の建設をはじめ、私財を投じて数多くの事業を展開し高梨村の発展に大きく貢献した。庭園は、明治29年(1896)の震災により家屋が倒壊したのを機会に、耕地整理事業と合わせて所有地を集約・整理して屋敷地を拡張するとともに、東北地方をはじめ日本各地において公園及び個人住宅の造園を手がけた近代造園の祖、長岡安平の助力を得て明治時代末頃までに基本的な地割が造営され、大正年間におおむね完成したものである。
敷地は家紋に倣って亀甲の平面形を成し、周囲は石垣を伴う濠及び土塁で区画するもので、仙北平野を特徴づける屋敷林を伴う散居の中でもとりわけ規模の点において傑出した景観を有する。耕地整理以前の屋敷地の範囲に主屋及び土蔵等を配した居住区域を流れ及び水路で囲み、主屋の南西に園池を設けて主庭園としている。敷地北半の流れを挟んで居住区域の周辺を取り巻く区域には、各所に瀟洒な築山及び滝口を設け、石燈籠、景石のほか、プール、運動広場などを配して、散策や運動を楽しむ構成としている。薬医門から敷地北半中央の主屋に至る導入部及びこれに沿う水路の南側の区域にはかつて家…

作品所在地の地図

関連リンク

旧池田氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

齋藤氏庭園
髙梨氏庭園
財間氏庭園
旧藏内氏庭園
鳥濱氏庭園
ページトップへ