月江正印墨蹟 警策 げっこうしょういんぼくせき けいせき

 /  / 中国 

月江正印
げっこうしょういん
中国
元時代/1343
紙本墨書
縦30.3㎝ 横62.5㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-25
根津美術館
重要文化財

 学道には須らく勇猛心を発し・・・と書き出し、一切の雑念を放棄して一路邁進し、加えてさらに超ゆべからざる一重関を超えることこそ、禅道修行の要締であると説く。そして次には本幅のしたためられた時季に花ひらく梅花の清香にことよせて、七絶の形で偈頌を述べている。
これは楚の双峰なる人が、筆者月江正印のもとを去るに当たって与えた餞別の偈、ないしは警策という励ましの語であろう。至正3年(1343)の作である。双峰の伝は現在未詳。楚は湖南・湖北地方を指している。

作品所在地の地図

関連リンク

月江正印墨蹟 警策チェックした作品をもとに関連する作品を探す

月江正印墨蹟〈与楚雙峯偈語/至正三年二月十八日〉
月江正印墨蹟 偈
紙本墨書 月江正印墨跡印可状
月江正印墨蹟 識語
月江正印墨蹟 識語

月江正印筆

明極楚俊墨蹟 偈
ページトップへ