河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 離れ かわもとけじゅうたく はなれ

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 中国・四国 

鳥取県
江戸後期/1821
桁行10.9メートル、梁間6.4メートル、切妻造、東面附属屋附属、桟瓦葺
1棟
鳥取県東伯郡琴浦町篦津393
重文指定年月日:20101224
国宝指定年月日:
重要文化財

 河本家は日本海沿岸の旧伯耆往還沿いにある旧家で、近世には大庄屋などの要職を務めた。
 主屋は、豪壮な梁組をもつ貞享5年 (1688)建築の居室部と、数寄屋風で洗練された意匠の宝永4年(1708)建築の客間部で構成される。江戸中期の山陰地方における農家の住宅形式をよく伝え、かつ建築年代の明らかな民家としては山陰地方で最古に属し、貴重である。
 主屋の周囲には、江戸後期以後に建てられた蔵などの付属建物が並び建ち、豪農の屋敷構えをよく留めており、高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 離れチェックした作品をもとに関連する作品を探す

河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 土蔵
河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 新蔵
河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 味噌蔵及び米蔵
河本家住宅(鳥取県東伯郡琴浦町) 主屋
門脇家住宅(鳥取県西伯郡大山町) 主屋
ページトップへ