秋田南外の仕事着 あきたなんがいのしごとぎ

その他の画像全3枚中3枚表示

有形民俗文化財 / 東北 

秋田県
341点
秋田県大仙市南外字松木田193-1
登録年月日:20140310
管理団体名:
備考:内訳:仕事着341点
登録有形民俗文化財

 本件は、秋田県大仙市の旧南外村で伝統的に着用されてきた仕事着を取りまとめたもので、旧南外村が昭和51年頃から収集を進めてきたものである。
 南外は大仙市西部に位置し、稲作を中心にした農業を生業として生活を営んできた地区である。この資料には、頭に被るナガテヌグイ、タナなどの被り物類をはじめ、ハダコ、ウデノギジブ、テッポウジブ、ハッピなどの上衣類、デダチ、ドラフモンペ、ガフラモンペ、スネコモンペなどと呼ばれる下衣類、メダレ、ウデノギと呼ばれる帯・手甲・前掛け類、そして脚絆類、ゾウリ、ツマゴ、アグドマキと呼ばれる履物類などがあり、明治以降この地区の人々が用いてきた仕事着がそろっている。

作品所在地の地図

関連リンク

秋田南外の仕事着チェックした作品をもとに関連する作品を探す

田上の衣生活資料
砺波の生活・生産用具
清瀬のうちおり
会津只見の生産用具と仕事着コレクション
琵琶湖の漁撈用具及び船大工用具
ページトップへ