八竜遺跡出土刳り物桶 はちりゅういせきしゅつどくりものおけ

その他の画像全3枚中3枚表示

木簡・木製品類 / 古墳  飛鳥 / 中部 

不明
愛知県
古墳時代後期から飛鳥時代/6世紀中頃~7世紀前半
樹種はクスノキで、木取りは芯持ちの丸太材を縦木取りしたものである。 外形は、胴部が膨らむ樽形で、口縁端部が帯状に外側へ張り出す。
高さ:58㎝ 口縁部径:40.4㎝ 底部径:36.0㎝ 胴部最大径:48.8㎝
1点
愛知県愛西市江西町大縄場151番地1
愛西市指定
指定年月日:20161031
有形文化財(美術工芸品)

発掘調査報告書(愛西市教育委員会2015『八竜遺跡』愛西市文化財報告書第2集)では「くり抜き井戸枠」として記載されている。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース
  • 愛西市

八竜遺跡出土刳り物桶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造勝軍延命地蔵菩薩立像 附 棟札等十八点
谷津貝塚出土金属製品
渥美 灰釉壷(伝 一本松経塚出土)
実籾3丁目遺跡出土土器
谷津貝塚出土墨書土器
ページトップへ