土佐藩主山内家墓所 とさはんしゅやまうちけぼしょ

その他の画像全4枚中4枚表示

その他 / 江戸 / 中国・四国 

高知県
江戸時代
高知県高知市
指定年月日:20160301
管理団体名:公益財団法人土佐山内記念財団(平28・5・24)
史跡名勝天然記念物

土佐藩主山内家墓所は,江戸時代,土佐藩20万石を領した大名山内家歴代の墓所として営まれたものであり,高知市中心部を流れる鏡川(かがみがわ)右岸沿いの丘陵,筆山(ひつざん)北麓に位置する。慶長10年(1605)高知にて没した初代藩主一豊(かつとよ)が筆山に葬られたのを嚆矢として,江戸参勤中になくなった藩主もその遺骸を国許に持ち帰って葬儀・埋葬する「帰葬(きそう)」の方式が採られた。歴代の藩主(十五代豊信(とよしげ)を除く)と,藩主子女・正室・側室の一部が筆山に葬られ,菩提寺の真如寺(しんにょじ)において葬儀・法要が行われた。墓所は,南北約130m,東西約200mの範囲で,最上段に初代一豊墓を,その下段に歴代藩主の墓域を置き,最下段部に子女の墓域を配する構造であり,墓域の造営は6期の変遷がある。高さ3~5mの墓標や,高さ2mの石灯籠,藩主の事績を記した亀趺(きふ)といった巨大な石造物が立ち並ぶ。墓標の形状は初代の無縫塔(むほうとう)形に始まり,三代藩主からは位牌(いはい)形に変遷する。発掘調査では,覆屋ないし塀等の基礎遺構,石組み側溝等を確認した。藩主の葬儀等を記した文献史料や図面等もよく残る。江戸時代の国持大名の墓所として威厳と風格を備え,幕藩体制下の大名の墓制,葬制を知る上で貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

土佐藩主山内家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

彦根藩主井伊家墓所
加賀藩主前田家墓所
徳島藩主蜂須賀家墓所
萩藩主毛利家墓所
島原藩主深溝松平家墓所
ページトップへ