三教指帰簡註 さんごうしいきかんちゅう

その他の画像全2枚中2枚表示

文書・書籍 / 明治 / 愛媛県 

通玄
つうげん
明治時代刊/明治22(1889)年
冊子
26.0cm×18.5cm
2冊
愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館

空海著『三教指帰』の注釈は後世に盛んに行われた。現存最古とされるのは成安注『三教指帰注集』で、寛治2(1088)年成立である。また藤原敦光注『三教勘注抄』も11世紀後半から12世紀半ばまでの成立である。また延応元(1239)年成立とされ注者不明の『三教指帰註抄』もある。これらが古注であるが、江戸時代には万治年間(1658〜60)初板で運敞注の『三教指帰註刪補』とこの正徳年間(1711〜15)初板で通玄注の『三教指帰簡註』が広く流布し、明治時代半ばまで再板された。本資料は明治22(1889)年刊。

作品所在地の地図

関連リンク

三教指帰簡註チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三教指帰
三教指帰

空海

文鏡秘府論
大日経開題
高野大師行状図画
愛媛面影
愛媛面影

半井梧菴

ページトップへ