小岩井農場施設 第四号牛舎 こいわいのうじょうしせつ だいよんごうぎゅうしゃ

建造物 / 東北 

岩手県
明治
木造、建築面積646.15平方メートル、2階建、北面サイロ附属、鉄筋コンクリート造及び木造、建築面積18.87平方メートル、鉄板葺
1棟
岩手県岩手郡雫石町丸谷地
重文指定年月日:20170223
国宝指定年月日:
重要文化財

岩井農場は,明治24年に本格的な洋式農場を目指して井上勝により開設され,共同創設者の小野義眞,岩崎彌之助を含めた各々の頭文字から小岩井農場と命名された。指定された建物は,総務部門の下丸,育牛部門を置く上丸,飼料を生産する耕耘部門がある中丸の3つの地区に集中する。小岩井農場施設は,洋式農場を目指して設立された農場の基幹施設で,本部事務所や牛舎群,サイロや四階建倉庫など,時代毎の最新技術を積極的に導入し,改良を重ねた農場システムを示す一連の建物群が良好な状態で保存されており,我が国における近代農場の発展過程を知る上で重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

小岩井農場施設 第四号牛舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小岩井農場本部事務所
小岩井農場一号牛舎
小岩井農場二号牛舎
小岩井農場四号牛舎
小岩井農場二号サイロ
ページトップへ