丸井家住宅主屋 まるいけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

鳥取県
大正/1916
木造2階建、瓦葺、建築面積93㎡
1棟
鳥取県倉吉市越中町2148他
登録年月日:20171027
登録有形文化財(建造物)

南北に長い長方形敷地の西北隅に建つ。大正から昭和初期にかけて倉吉の茶道の中心をなした町家の一つ。切妻造二階建で、赤瓦を葺く。西側と東側で棟の位置を違えるが、平面は一体で右に土間を通し、一、二階共五室を配す。数奇屋風の繊細な意匠でまとめる住宅。

作品所在地の地図

関連リンク

丸井家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

丸井家住宅離れ
丸井家住宅土蔵
丸井家住宅茶室
矢城家住宅主屋
豊田家住宅(久米郡倉吉驛)離れ
ページトップへ