吉野行幸で使わなかった貫簀に付けた整理用の付札(二条大路木簡) よしのぎょうこうでつかわなかったぬきすにつけたせいりようのつけふだ(にじょうおおじもっかん)

木簡・木製品類 / 奈良 / 奈良県 

奈良県
奈良時代
ヒノキ
長さ135mm・幅24mm・厚さ3mm
1点
奈良市

736年(天平8)6月27日から7月13日にかけての吉野(芳野)離宮(今の奈良県吉野町宮滝)への行幸後、使用しなかった貫簀(ぬきす)に付けた整理用の付札の木簡。行幸ではなく「幸行」と記すのは、「みゆき」という訓を意識したためであろう。貫簀は、竹を編んで作った簀(すのこ)。手を洗う際、水が飛び散るのを防ぐために、たらいなどにかけて使う。行幸で使用した貫簀に付けた「用貫簀」と書かれた木簡も出土しており、日付も同じ7月15日である。

作品所在地の地図

関連リンク

吉野行幸で使わなかった貫簀に付けた整理用の付札(二条大路木簡)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

園池司からの進上木簡(二条大路木簡)
佐紀瓦司からの進上木簡(二条大路木簡)
参河国析嶋佐米荷札木簡(二条大路木簡)
岡本宅からの酒の支給依頼木簡(二条大路木簡)
麻呂邸厩宿直木簡(二条大路木簡)
ページトップへ