有賀家住宅蔵座敷及び控えの間 ありがけじゅうたくくらざしきおよびひかえのま

住居建築 / 大正 / 東北 

福島県
大正/1912~1918
土蔵造二階建及び木造平屋建、瓦葺、建築面積88㎡
1棟
福島県石川郡石川町大字形見字尾巻124
登録年月日:20171027
登録有形文化財(建造物)

御斎所街道沿いの敷地奥に南面する。蔵座敷は土蔵造、切妻造妻入で、西に木造平屋建の控えの間を付す。蔵座敷は一階を座敷二室、二階を物置とし、座敷は床・床脇・付書院を設け、銘木を用い欄間等建具に意匠を凝らす。養蚕農家の生活を支える蔵座敷の好例。

作品所在地の地図

関連リンク

有賀家住宅蔵座敷及び控えの間チェックした作品をもとに関連する作品を探す

甲斐家住宅蔵座敷
矢吹家住宅座敷蔵及び仏間
矢部家住宅座敷蔵
瓶子家住宅離れ
矢吹家住宅味噌蔵
ページトップへ