絵過去現在因果経 えかこげんざいいんがきょう

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 / 鎌倉 / 日本 

良盛筆 住吉慶忍・聖衆丸画
りょうせい・すみよしけいにん・しょうじゅまる
日本
鎌倉時代/1254
紙本着色
縦27.4㎝ 横1147.5㎝
一巻
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

「絵因果経」ともよぶ。『過去現在因果経』は、釈迦の前世の物語と、現世における伝記を説いた経典で、本来4巻からなる。ところが「絵過去現在因果経」は、経巻を上下段に分けて、下段に経文(通常1行17文字のところ8文字)を、上段に対応する絵を描いているため、倍の8巻構成となる。「古因果経」と呼ばれる奈良時代の作例が数巻分現存するが、これは「新因果経」と通称されるもので、建長6年(1254)の奥書により、絵師は住吉慶忍とその子聖衆丸と知られる。巻第2下つまり8巻本の4巻目にあたり、出家の部分から始まる。図版は、出家を志した太子時代の釈迦が、夜、白馬に乗って城を出る場面。巻第3下の1巻が、東京・大東急記念文庫に所蔵される。

作品所在地の地図

関連リンク

絵過去現在因果経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絵因果経巻第四上(二十五行)
絵因果経
註楞伽経巻第一
紙本著色絵過去現在因果経〈巻第二/〉
藍紙華厳経巻第五十(泉福寺経)
ページトップへ