北野天神縁起絵巻 きたのてんじんえんぎえまき

その他の画像全4枚中4枚表示

絵画 / 室町 / 日本 

日本
室町時代
紙本着色
(各)縦32.4㎝ 長841.0 ~995.0㎝
六巻
東京都港区南青山6-5-84
根津美術館
重要美術品

菅原道真(すがわらのみちざね)の生涯と、没後の怨霊(おんりょう)の祟(たた)り、北野社(現在の京都・北野天満宮)の創建とその霊験(れいげん)・利生(りしょう)を絵画化した「北野天神縁起絵巻」は、天神信仰にかかわる絵画遺品の根幹を成す。数多い遺品は、詞書の書き出しから、甲・乙・丙類に大別されるが、当館所蔵本は丙類に属する。また、最終段の詞書に「弘安元年夏六月……」とあることから、北野天満宮に所蔵される「弘安本」の転写本であることが明らか。現在多くの場面を失って当初の形態を損なっている「弘安本」の復原に重要な資料となる。

作品所在地の地図

関連リンク

北野天神縁起絵巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北野天神縁起絵巻(甲巻)
北野天神縁起絵巻断簡
北野天神縁起絵巻
北野天神縁起絵巻(乙巻)
矢田地蔵縁起絵巻
ページトップへ