玉篇巻第九零巻 ぎょくへんかんだいきゅうれいかん

 /  / 近畿 

京都府
紙本墨書、巻子装
縦27.1㎝ 全長168.7㎝
1巻
京都府京都市東山区茶屋町527
重文指定年月日:20120906
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

『玉篇』は、梁の大同年間(五三五~五四六)、顧野王の撰述になるもので、偏・旁により漢字を五百四十二部に類別する部首別の字書で、三十巻からなる。中国では散逸し、わが国にのみ伝存する極めて貴重なものである。本書は、その書風などから八世紀の書写とみられる唐写本で、紙背には治安元年(一〇二一)の書写になる「金剛界私記」があることから、それまでには伝来していたことになる。本書は、国宝の早稲田大学本の欠失箇所に接続する。

作品所在地の地図

関連リンク

玉篇巻第九零巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浄名玄論
晋書列伝巻第五十一零巻
医心方(半井家本)
今昔物語集
四十番歌合〈建保五年十月十九日〉
ページトップへ