冨嶽三十六景《御厩川岸より両國橋夕陽見》 ふがくさんじゅうろっけい おんまやがしよりりょうごくばしのせきようをみる

木版画 

葛飾北斎 (1760-1849)
かつしかほくさい
日本
天保元−天保3年(1830-32)頃
木版多色刷
1

「凱風快晴」「山下白雨」「神奈川沖浪裏」の三役に次いで評価の高い図。夕陽に浮かぶ富士や両国橋などのシルエットが叙情豊かな光景を醸し出している。客でひしめく隅田川の渡し船。鳥刺しの持つ竿は、空間に広がりを持たせる。その隣の男が背負う風呂敷には、山型に巴紋の永寿堂の家紋がさりげなく宣伝されているのも面白い。この版のように夕陽の朱色が残るものは少なく、貴重な一枚といえる。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景《御厩川岸より両國橋夕陽見》チェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景《山下白雨》
冨嶽三十六景《東海道品川御殿山ノ不二》
冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》
冨嶽三十六景《東海道吉田》
冨嶽三十六景《凱風快晴》
ページトップへ