観頤荘図 かんいそうず

その他の画像全5枚中5枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

成富椿屋
なりとみちんおく
江戸時代/18-19世紀
紙本着色 巻子装
竪61.9cm 横134.5cm
1巻
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
財団法人鍋島報效会

観頤荘は3代鍋島綱茂が佐賀城の西方に設けた別荘で、西御屋敷と称した。元禄13年(1700)、綱茂は諸人が参拝しやすいようにとの配慮から、城内にあった孔子聖堂を移し(鬼丸聖堂)、学問所とした。北から南を眺めた景観を描いた本図を見ると、観頤荘には築山や滝、池、流水などが巡らされ、その間に楼閣や茶屋、動物小屋などが散在しており、豪華な池泉回遊式庭園の様相を呈していたことが分かる。4代吉茂の時に、財政難を理由として破却し、宅地として藩士に拝領せしめた。

作品所在地の地図

関連リンク

観頤荘図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

天縦殿扁額
天縦殿扁額

鍋島宗茂

鬼丸聖堂の聖像
鬼丸聖堂の聖像

不詳/水谷作之進

曾子・子貢・子路図
曾子・子貢・子路図

3代佐賀藩主鍋島綱茂

八仙人図
八仙人図

鍋島綱茂

鍋島斉直印
ページトップへ