猛虎図 もうこず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

桑山玉洲 (1746-1799)
くわやまぎょくしゅう
江戸時代中期
絹本著色
縦87.7cm,横31.6cm
1幅

 濃彩の技法と「桑文爵寫」の款記により、桑山玉洲の初期(20~30才代)に位置づけられる作品と考えられる。毛並みの1本1本を描く細密な描写や、やや横向きに相手を凝視する虎の上半身と、くねらせた尻尾を縦長の画面に巧みに配置する構図は、南蘋派の画人たちの作例にしばしば見られる。玉洲の作品の大半は、寛政2年(1790)以降に集中しているが、本品のように精緻な写実表現によるそれ以前の作品が、いくつか知られている。

作品所在地の地図

関連リンク

猛虎図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

義倉勧農口上書
義倉勧農口上書

桑山玉洲

雲鶴清暁図
雲鶴清暁図

桑山玉洲

蘭石図
蘭石図

桑山玉洲

那智瀑布図
那智瀑布図

桑山玉洲

金箋山水図
金箋山水図

野呂介石

ページトップへ