久米島紬着尺 島糸 井絣・十字絣・ヒチサギ くめじまつむぎきじゃく しまいと いがすり・じゅうじがすり・ひちさぎ

工芸  染織  工芸技術  染織 / 昭和以降 / 日本 

久米島紬保持団体
くめじまつむぎほじだんたい
平成19/2007
幅38.0cm 長さ12m80cm
1反
文化庁分室(東京都台東区上野公園13-9)
平成22年度収蔵
国(文化庁)

 糸はすべて久米島産で,経糸に引き糸,緯糸に紬糸が用いられている。
 絣文様は,白のヒチサギ(ずらし絣),赤の井絣(井桁絣),黄色の十字絣を組み合わせたものである。
 染色には,久米島で伝統的に使用されてきた染料が用いられ,黄はヤマモモとクルボー(ナカハラクロキ)の樹皮,赤はグール(サルトリイバラ)の根で染め,地色の黒は,グールの根とシャリンバイ(テカチ)の幹で染めた後,泥媒染を行ったものである。

作品所在地の地図

関連リンク

久米島紬着尺 島糸 井絣・十字絣・ヒチサギチェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹紺地経縞に緯絣緯浮ジンバナ文様花織着尺
木綿紺地格子に経緯絣カジマヤー文様花織帯地
木綿紺地格子に経緯絣カジマヤー文様花織胴服
宮古上布着尺(中柄)
宮古上布着尺(中柄)

宮古上布保持団体

結城紬
ページトップへ