本居大平像 もとおりおおひらぞう

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

金原白玉斎
きんばらはくぎょくさい
江戸時代後期
絹本著色
縦115.1cm,横29.3cm
1幅

 本居大平(1756~1833)は伊勢・松阪に生まれ、13歳で本居宣長に入門し、44歳のとき宣長の養子となった。享和2年(1802)に家督を相続して紀伊藩に出仕し、文化6年(1809)には和歌山に移住した。藩主の信任は厚く、古典を進講したほか、『紀伊続風土記』の編纂にもあたった。本居大平の画像は、本居宣長記念館本ほか数種知られている。本図を含めいずれも自筆の和歌を記すが、その句文はわずかずつ異なる。本図では裃姿に脇差を腰に差した肖像の上に、「真直なるやまとごころにまなばずば、神のまことの道をうけえじ」という和歌が記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

本居大平像 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

本居大平肖像
鈴屋大人像(本居宣長像)
本居宣長肖像
本居宣長肖像

吉川義信

本居宣長稿本類並関係資料
本居内遠肖像
ページトップへ