木造薬師三尊、不動明王・毘沙門天立像並びに十二神将立像 もくぞうやくしさんぞん、ふどうみょうおう・びしゃもんてんりゅうぞうならびにじゅうにしんしょうりゅうぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

木像 / 江戸 / 東北 

宮城県
江戸時代中期
薬師三尊の中央像である薬師如来坐像は肉身部が金泥で、着衣が漆箔の上に金泥で文様を施し一具中で最も豪華な仕上げである。日光菩薩立像・月光菩薩立像の両脇侍像の着衣は漆箔で仕…
像高 薬師如来坐像 21.5cm、日光菩薩立像・月光菩薩立像 22.0cm、不動明王立像・毘沙門天立像 21.4cm、十二神将立像 22.0cm
17躯
宮城県東松島市宮戸大竹和田5番地
東松島市指定
指定年月日:
有形文化財(美術工芸品)

延宝七年に仙台藩家臣で当地域にゆかりのある田村家と和田家により寄進されたと伝えられている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造薬師三尊、不動明王・毘沙門天立像並びに十二神将立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

覚井 木造薬師三尊像及び木造十二神将立像
久保 木造大日如来坐像、木造毘沙門天立像及び木造不動明王立像
山添磨崖仏岩薬師 附板碑八基
厨子入木造観音菩薩像及び勢至菩薩像 附 銅製天蓋 木造宝塔 木造舎利容器
木造不動明王立像・木造毘沙門天立像
ページトップへ