斜里朱円周堤墓群出土遺物 しゃりしゅえんしゅうていぼぐんしゅつどいぶつ

考古資料 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文時代後期末
土器・土製品12点、石器・石製品14点、サメ歯製品3点
29点
北海道斜里郡斜里町本町49番地2
北海道指定
指定年月日:20130329
斜里町
有形文化財(美術工芸品)

 朱円周堤墓群は、昭和23・24両年度に斜里町教育委員会が主体となり、河野広道らによって発掘調査が実施された。この調査により、周堤墓が縄文時代の共同墓地であることが明らかとなった。 本出土品の大部分は、河野の調査により副葬品として発見されたもので、縄文時代後期末に位置づけられる栗沢式土器(深鉢形・壺形・小型鉢形の土器)、長さ73センチメートルを測る石棒、ヒスイ製の玉やサメ歯製品の装身具などがある。
 本指定品は、北海道でしか確認されていない周堤墓が縄文時代の墓であることを考古学的に明らかにした調査によって発見されたものであり、学史的に重要であるばかりでなく、北海道における先史時代の墓制を考える上でその学術的価値は高い。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

斜里朱円周堤墓群出土遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

斜里朱円周堤墓群
西島松5遺跡土坑墓出土品(漆塗り装身具)
野花南周堤墓群
伊勢堂岱遺跡出土品
柏木B遺跡環状土籬出土品(石棒12、玉類140)
ページトップへ