瑞芝焼 青磁六ツ葵唐草文火鉢 ずいしやき せいじむつあおいからくさもんひばち

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
陶磁器
口径23.5cm,高さ21.0cm
1口

 瑞芝焼は、鈴丸焼・滅法谷焼ともよばれ、和歌山城下鈴丸丁滅法谷で、寛政8年(1796)ころに岡崎屋・坂上重次郎が官許を得て開窯し、明治9年(1876)ころまで製陶が行われた。本品は、6葉の葵と唐草文を線刻した火鉢であり、とくに深味のある灰色を帯びた緑釉が美しい。底面の高台の中に、陰印刻銘で「南紀瑞芝堂製」とある。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞芝焼 青磁六ツ葵唐草文火鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞芝焼 青磁鳳凰文獅子鈕香炉
瑞芝焼 青磁菊透文手焙
南紀高松焼 染付高松茶屋根上松図花生
南紀男山焼 染付八ツ藤紋火鉢
瑞芝焼 青磁東方朔桃耳花生
ページトップへ