小林家住宅主屋 こばやしけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 江戸 / 中部 

岐阜県
江戸/1830~1868
木造平屋一部2階建、瓦葺、建築面積151㎡
1棟
岐阜県不破郡垂井町字屋敷1268-1
登録年月日:20131224
登録有形文化財(建造物)

中山道垂井宿に北面して建つ町家で、木造平屋一部二階建、切妻造桟瓦葺とし、正面に下屋を設ける。正面東側を戸口として土間を通し、西側に格子をたてる。二階正面は黒漆喰塗で虫籠窓を二所穿ち、袖うだつをあげる。中山道の宿場の面影を伝える近世の町家。

作品所在地の地図

関連リンク

小林家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安田家住宅主屋
旧石橋家住宅中主屋
成宮家住宅主屋
森家住宅主屋
森川訓行家住宅主屋
ページトップへ