肥前名護屋城図屏風 ひぜんなごやじょうずびょうぶ

絵図・地図 / 安土・桃山 / 佐賀県 

狩野光信
かのうみつのぶ
桃山時代
1隻
佐賀県立名護屋城博物館
佐賀県重要文化財

 本図は、狩野派の絵師狩野光信の作で、下絵あるいは写しといわれている。六曲一隻の屏風で、第三・第四扇上部にある名護屋城には、五層の天守閣を中心に多くの御殿・数奇屋・櫓・門などが描かれ、当時では大坂城に次ぐ巨大な規模を持っていた名護屋城の様子を詳細に描いている。その周囲の丘陵には各大名の陣屋がひしめき合い、城下町では全国から集まった物資や人々で大変な賑わいを見せている。
 文禄2(1593)年夏頃の描写と考えられ、名護屋城及び軍事都市名護屋を知るうえで極めて貴重な資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

肥前名護屋城図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

肥前名護屋城跡図
南蛮屏風
西湖図屏風
西湖図屏風

広渡雪山

紙本金地著色洛中洛外図〈狩野永徳筆/八曲屏風〉
洛中洛外図屏風
ページトップへ