十妙院 客殿及び庫裏 じゅうみょういん きゃくでんおよびくり

その他の画像全3枚中3枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

兵庫県
江戸中期/1691
桁行27.4m、梁間14.9m、一重、入母屋造段違、南面軒唐破風付、南面玄関附属、唐破風造、西面便所附属、本瓦葺
1棟
兵庫県姫路市書写
重文指定年月日:20140127
国宝指定年月日:
十妙院
重要文化財

十妙院は、姫路市街北西の書写山の山上にある円教寺の塔頭寺院の一つで、16世紀中頃の創立と伝える。現在の客殿及び庫裏は元禄4年(1691)、唐門は享保9年(1724)の建立である。客殿及び庫裏は、客殿と庫裏を一棟にまとめており、貴賓入口を示す軒唐破風や唐戸口などに古式を残しながら、客殿室内は上質な書院造とする。唐門は、客殿前に開く貴賓用の門である。十妙院は、江戸時代中期の山上寺院における塔頭の様相を示しており、門や土塀など、近世の塔頭の構えを良く維持していて価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

十妙院 客殿及び庫裏チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十妙院 唐門
寿量院 棟門
寿量院 客殿及び庫裏
円教寺奥之院 護法堂拝殿
大照院 庫裏
ページトップへ