旧萩藩明倫館之図 きゅうはぎはんめいりんかんのず

絵図・地図 / 山口県 

山口県
明治時代以降
紙本・墨画・掛幅
本紙縦89.5、横145.2(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

萩城下町の中央部に設置されていた長州藩(萩藩)の藩校明倫館の鳥瞰図。明倫館は享保4年(1719)萩城三ノ丸内(萩市堀内)に創建されたが、13代藩主毛利敬親は文武を奨励するにあたり、明倫館の敷地が狭く、子弟の通学に不便であることから移転拡充を決意した。嘉永2年(1849)に完成した新明倫館は、15,184坪(50,195㎡)の広大な敷地を有し、従来の文武稽古場以外に周発台稽古場、練兵場などを設け、武備充実に力を入れた。これを重建明倫館ともいう。現在、跡地には萩市立明倫小学校が立地している。

作品所在地の地図

関連リンク

旧萩藩明倫館之図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩藩明倫古館之図
明倫館練兵用西洋馬具
毛利敬親肖像画
毛利敬親肖像画

中島松堂

村田清風肖像画
強兵場扁額
強兵場扁額

村田清風

ページトップへ