牡丹花肖柏像 ぼたんかしょうはくぞう

絵画 

常庵龍崇賛
室町時代・大永7年(1527)賛
絹本着色
80.4×37.9
1幅
重要文化財

室町時代の連歌師・牡丹花肖柏の肖像画。畳の上で脇息によりかかり、片膝をたてる姿は歌聖・柿本人麻呂像を模したもの。画面の半部ほどを占める、建仁寺の常庵龍崇によって書かれた賛によると、本図は肖柏の没後に描かれた遺像であることが分かる。(ルビ:れんがし、きょうそく、かせい、かきのもとのひとまろ、じょうあん りゅうそう、いぞう)(111101h_032)

作品所在地の地図

関連リンク

牡丹花肖柏像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色伝足利義政像
水月観音像
水月観音像

天庵妙受賛

紙本淡彩一休和尚像〈墨斎筆ノ一休/〉
大道一以像
大道一以像

伝明兆筆

安東円恵像
ページトップへ