牟田寄遺跡出土卜骨 むたよりいせきしゅつどぼっこつ

骨角・牙・貝製品類 / 弥生  古墳 / 九州 

佐賀県
弥生時代後期から古墳時代初頭
牟田寄遺跡出土卜骨は、シカ・イノシシの肩甲骨に骨卜による焼灼痕が認められるもので、平成7年度に9A区から1点、平成8年度に15区から7点の計8点が出土した。
シカ 右肩甲骨 15.0㎝ 6.8㎝
シカ 左肩甲骨 15.0㎝ 8.3㎝
シカ 右肩甲骨 13.2㎝ 6.6㎝
イノシシ 右肩甲骨 13.6㎝ 7.7㎝
イノシシ 左肩甲骨 13.3㎝ 6.3㎝
イノシシ 左肩甲骨 9.6㎝ 4.6㎝
イノ…
8点
佐賀市本庄町大字本庄1121番地
佐賀県指定
指定年月日:20120427
佐賀市
有形文化財(美術工芸品)

牟田寄遺跡は、佐賀市兵庫町に所在し、佐賀平野南部の標高約3mの低平な沖積地に立地する。佐賀市教育委員会が、平成元年度から平成8年度にかけて実施した発掘調査の結果、弥生時代から中世の集落跡であり、特に弥生時代後期から古墳時代前期にかけて大規模な集落が営まれていたことが明らかになった。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

牟田寄遺跡出土卜骨チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土生遺跡出土踏鋤
卜骨
長崎県原の辻遺跡出土品
青谷上寺地遺跡
大井戸八木遺跡出土の小銅鐸及び装飾品
ページトップへ