千曲市稲荷山 ちくましいなりやま

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 中部 

長野県
13.0
長野県千曲市
選定年月日:20141210
重要伝統的建造物群保存地区

稲荷山は天正(てんしょう)年間に城と町場が形成され,廃城後の慶長(けいちょう)年間に宿場町となった。19世紀初期以降は商業地化し,近世末期から近代にかけて,生糸や繊維製品の集散地として,当地方有数の商業地として繁栄した。近世以来の水路や地割(ちわり)を良く残し,街道に面して,中二階(ちゅうにかい)で二階を塗り込めた主屋や,高い二階で分厚い壁を軒まで塗り上げた重厚な主屋が並び,裏通りには土蔵が並ぶ。江戸時代に整備された町割りの上に,伝統的建造物を良く残し,近世から近代にかけて栄えた商家町の歴史的風致を良く伝える。

作品所在地の地図

関連リンク

千曲市稲荷山チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村田町村田
彦根市河原町芹町地区
横手市増田
室戸市吉良川町(在郷町 高知)
栃木市嘉右衛門町
ページトップへ