土生遺跡出土踏鋤 はぶいせきしゅつどふみすき

その他の画像全2枚中2枚表示

木簡・木製品類 / 弥生 / 九州 

佐賀県
弥生時代
木製の組合せ式の踏鋤で、柄・鋤身(刃)・鐔(踏板)・楔の四部材から構成され、鋤身の一部を欠損するものの、使用時の形態を良好に保っている。組み上げた状態での長さは約153cmで…
長さ153cm
1点
佐賀県小城市小城町158-4
佐賀県指定
指定年月日:20150424
小城市
有形文化財(美術工芸品)

土生遺跡は、小城市三日月町久米・石木に所在し、佐賀平野西部の標高約6~10mの低丘陵先端部及びその前面に広がる扇状地上に立地する遺跡である。本遺跡は、昭和46年に実施された鉱害復旧工事に際して発見されて以降、佐賀県教育委員会及び小城市(旧:三日月町)教育委員会によって発掘調査が行われた結果、弥生時代の集落を中心とした遺跡であることが判明している。昭和48年には遺跡の一角が国史跡に指定され、史跡公園として整備されている。
踏鋤は、平成13年度に発掘調査が行われた第12次調査の弥生時代中期初頭~前半のSD14河川跡から組み上がった状態で出土した。共伴遺物には、弥生土器、朝鮮系無文土器、石器、木製品などがある。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

土生遺跡出土踏鋤チェックした作品をもとに関連する作品を探す

土生遺跡
唐古・鍵遺跡
長崎県原の辻遺跡出土品
中高瀬観音山遺跡
安国寺集落遺跡
ページトップへ