斎藤弥九郎書簡 さいとうやくろうしょかん

文書・書籍 / 江戸 / 東京都 

斎藤弥九郎 (1798~1871)
さいとうやくろう
東京都
安政3~4年12月23日/1856~1857年
紙本・墨書・掛幅
本紙縦15.5、横43.8(cm)
1幅
山口県萩市大字堀内355番地
木戸孝允旧宅襖下張り文書
萩博物館

斎藤弥九郎が江戸遊学中の桂小五郎(木戸孝允)に送ったと考えられる書簡。斎藤は号の「篤信斎」で署名する。桂は斎藤の剣術道場練兵館の塾頭をつとめていた。この書簡は安政3年もしくは翌年のものと推測され、斎藤は塾頭の桂に対し、最近練兵館で預かることになった根本金之助という少年の素行がよくないので、武士の振る舞いを身につけさせるよう依頼している。木戸孝允旧宅の襖の下張りから発見された珍しい資料。

作品所在地の地図

関連リンク

斎藤弥九郎書簡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

手塚律蔵書簡
手塚律蔵書簡

手塚律蔵

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

木戸孝允書簡
木戸孝允書簡

木戸孝允

木戸孝允詩書
木戸孝允詩書

木戸孝允

ページトップへ